40代からのシンプルスキンケア 肌断食 断念 挫折 ブログ

40代からのシンプルスキンケア 肌のお手入れ

【40代からのシンプルスキンケア】3ヵ月間続けた「肌断食」を断念する

投稿日:

昨年の秋に【肌断食】を始めてから、約3ヵ月。

「毛穴」が目立たなくなるなど、良い変化もあったのですが…

こもり
実は【肌断食】を断念しました。

 

せっかく続けていたのに なぜやめてしまったのか、理由などをまとめてみます。

 

 

【肌断食】を断念した理由

これまでのスキンケアは、「純石鹸」で洗顔して →「ワセリン」「ひまし油」で保湿するというもの。

石鹸で落ちるタイプの「日焼け止め」か「ミネラルファンデ」を使うので、クレンジングは使用せず。

一切スキンケアをしないガチガチの【肌断食】ではなく ゆる~く続けていたのですが、いくつかの理由で挫折することになったのです。

 

理由 その1)お化粧ノリが最悪

【肌断食】のいちばんの試練は、なんといっても ”乾燥“ です。

家ですっぴんで過ごす時は そんなに気にならないのですが、たまにお化粧すると イヤというほど実感します。

こもり
乾燥の季節というのもあるけれど、まぁお化粧がのらないこと!

 

特に「お粉」や「ファンデーション」を塗って時間が経ったあとの肌は、最悪。

ところどころ「ファンデ」が粉浮きしていて、鏡を見るたびにガッカリします。

乾燥肌の土台の上に「ファンデ」を塗ると、なぜか余計に肌が汚く見えるのですよね。。

きれいに見せるためにお化粧してるのに、肌がこんなだと 気分もガタ落ちです。

こもり
このまま【肌断食】を続けていいのかな?と思いました。。

 

理由 その2)毛穴詰まりによる ”吹き出物“

【肌断食】を始めて 毛穴は目立たなくなったのですが、逆に気になるようになったのが ”吹き出物“。

こすらないスキンケアを続けたことで、『不要な角質がたまり → 毛穴が詰まり →吹き出物ができる』という負のスパイラルに陥りました。

健康な肌ならば 自然とはがれ落ちるであろう ”古い角質“。

わたしのように代謝が落ちている肌だと、ザラザラになるまで溜まり 毛穴が詰まってしまうのです 。

特に「あご」や「おでこ」といった場所は、常に ”吹き出物“ ができている状態になってしまいました。

それも痛みをともなう 大きめのブツブツで、なかなか治らない!

きちんと汚れが落ちきれていないのかな?と、「肌断食」に不安を感じるようになりました。

こもり
顔に ”吹き出物“ ができていると、ほんとうに落ちこみます。。

 

 

「純石鹸」から「アフリカンブラックソープ」に変えてみて

 

「純石鹸」での洗顔をやめたわけ

余計な添加物を含まないので、肌にやさしいといわれている「純石鹸」。

「シャボン玉浴用せっけん」をはじめ「カウブランド無添加せっけん」「白雪の詩」など、いろいろ試してきました。

でも…  合う人には合うようなのですが、3ヵ月使ってみても わたしの肌には合わないようなのです。

 

気になったのは、やはり肌の乾燥

使い続けるうちに ツッパリ感は少しマシになってきたのですが、粉をふいてバサバサの状態が続きました。

肌に厚みがでてきたようで キメが少し復活したように感じたけれど、触ると固くてゴワゴワ。

こもり
女性らしい肌から離れていっているようで、不安になりました。

 

あと、”洗浄力“ にも疑問を持つように。

一般的に「純石鹸」は洗浄力が高いので メイクも落ちるといわれています。

実際に使ってみて、メイク(ミネラルファンデなど)は落ちているように感じていました。

でも皮脂が多い「小鼻の横」や「あご」は、ザラザラした角質がずっと残っている状態です。

こもり
ちゃんと汚れが洗い落とせていないようで、ストレス。

 

「アフリカンブラックソープ」を購入

もう「純石鹸」にとらわれず、自分が試したいと思った洗顔料を使おう!と決心。

なるべく ”自然由来のもの“ で なおかつ ”固形タイプ“ という条件で探してみることにしました。

そして、愛用している iHerbで気になった「アフリカンブラックソープ」を購入。

「NUBIAN HERITAGE(ヌビアン ヘリテージ)」という、NYのオーガニックコスメブランドのものです。

 

アフリカンブラックソープ ブログ レビュー シンプルスキンケア アラフォー

 

アフリカンブラックソープ ブログ レビュー アラフォー シンプルスキンケア

 

ブラックソープというだけあって、ほんとうに真っ黒。

100%植物由来成分のようですが、香料が入っているのか甘めの香りがします。

 

「アフリカンブラックソープ」の特徴

  • ヤシ灰、バナナの皮、タマリンドエキス、オート麦、アロエなどを配合
  • パパイヤ酵素が、毛穴の奥の汚れをオフ
  • シアバターが、肌をしっとり保湿

 

さっそく「アフリカンブラックソープ」で洗顔してみて

お風呂場に置いておくので、3等分してから使いはじめました。

泡立ち自体はそんなに良くないけれど、キメの細かい繊細な泡が作れます。

わりと固めの石けんなので、あまり溶けることもなく 持ちが良さそう。

 

洗顔しはじめた瞬間から感じたのは、『なにこれ、めっちゃいい!』ということ。

特にこすっていないのに、不思議と肌がつるつるになります(たぶん「パパイン酵素」のおかげ)。

洗顔したにもかかわらず 肌がしっとりもちもちするのも、はじめての感触でした。

「純石鹸」の使用感に慣れていたのもあると思うけれど、この使用感には感動。

こもり
わたしの肌にはぴったり合う石けんでした!

 

 

メイクした日は、「ひまし油」+「米油」の手作りクレンジングオイル

 

「アフリカンブラックソープ」だけでも軽いメイクは落ちるようなのですが、「純石鹸」ほどの洗浄力はないので クレンジング剤も使うことに。

せっかくならば 保湿として使っている「ひまし油」を使って、クレンジングオイルを作ることにしました。

肌断食②ワセリン&ひまし油の 保湿ケアに変えてみる
【肌断食②】ワセリン&ひまし油の保湿ケアに変えてみる

昨年末から、ゆるく始めた【肌断食】。 「リキッドファンデ」 ...

続きを見る

 

「ポリソルベート80」と「米油」を加えて、洗い流しやすく

「ひまし油」を使った人ならわかると思いますが、蜂蜜のように粘度があって かなりドロドロ。

そのままだと使いにくいので、”乳化剤“ として「ポリソルベート80」を加えることにしました。

いわゆる ”界面活性剤“ ではあるのですが、「食品添加物」にも加えられているものなので わりと安全性は高め。

「ポリソルベート80」を少し加えることで 植物オイルがグンと使いやすくなるのならばと、購入してみました。

こもり
手づくり化粧品のショップなどで、買うことができます

ポリソルベート80 乳化剤 クレンジング ブログ

 

 

加えて、「米油(ライスブランオイル)」も購入しました。

肌なじみの良いオイルのようなので、「ひまし油」と割ってみたいと思います。

こもり
お値段が安めなのも、「米油」の魅力

米油 クレンジング 乳化

 

 

混ぜる割合は、「ひまし油」2:「米油」2:「ポリソルベート80」1

「ポリソルベート80」は、オイル4~5に対して1の分量が適しているとのこと。

熱を加えなくても混ぜるだけで乳化するので、直接ボトルの中に流し入れました。

 

手づくりクレンジングオイル ひまし油 米油 ポリソルベート80

 

今回試した分量は、「ひまし油」:「米油」:「ポリソルベート80」

はじめは「ひまし油」が下に溜まりましたが、ボトルを振って混ぜれば いい感じに。

 

使ってみた感想は、市販のクレンジングオイルよりは粘度が高いけれど ぬるま湯でキレイに洗い落とせます。

メイクもちゃんと落ちているし、何よりも肌がしっとり。

こもり
刺激もまったく感じず、自分の肌には合っているクレンジングオイルが作れました

 

 

まとめ

 

「純石鹸」をやめて「アフリカンブラックソープ」+「手作りクレンジングオイル」の洗顔に変えてから、肌の調子はすこぶる良くなりました。

おそらく乾燥性敏感肌の自分には、ストイックな【肌断食】は合っていなかったようです。

とはいえ 市販の化粧品だと、ヒリヒリしたり刺激を感じることが多いのも事実。

これからは自然由来の成分のものを使った、なるべく ”シンプルなスキンケア“ を取り入れていきたいと思います。

こもり
【40代からのシンプルスキンケア】のはじまりです

-40代からのシンプルスキンケア, 肌のお手入れ

error: Content is protected !!

Copyright© おうちこもり , 2020 All Rights Reserved.